Skip to content

ドレスの全容も伝える!


新郎がオーダータキシードを作成する上で必ず通らなければいけないポイントがございます。

それはオーダータキシード作成してくれるお店のスタッフさんとのヒアリングとリスティングです。

全てはこのポイントで新郎のイメージと結婚式などの用途を全て踏まえた上で
オーダータキシードを作成して行くお店がほとんどです。ですので新郎が一番がんばらないといけないのがここですね!

その時の為にあらかじめイメージキチンともって
伝える努力をしてみましょうというのは、ご紹介したかと思います。

では、恐らくお店のスタッフの方に聞かれるであろう事がもう一つございまして、
それは新婦様が結婚式で着用されるウェディングドレスがどの様な物かと言うのも参考にする為に聞いてくるかと思います。

ですので、披露宴などのウェディングドレスもチェックしておく事をおススメしております。
オリジナルのオーダータキシードになると自由度が高い為かつい新郎の好みだけの物を作ってしまいがちです。

ですが、新婦のウェディングドレスなんかに合わせるのもポイントの一つになってきます。
それが、
少しリッチでエレガントな物なのかかわいらしいキュートなものなのか
それもお店の方々に伝えてあげる事によって最終的なデザインも変えなければなりませんので、

ぜひ一度新婦様がどの様なドレスを披露宴などに着用するのかもチェックしておいてください。