Skip to content

結婚式が決まったら!



新郎の衣装については、どんな物をお考えになっておりますでしょうか?
結婚式の形にもウェディング形式でタキシードなのか
それとも袴などを着て執り行う神前式なのかによっても新郎の衣装なんかも変わってくると思います。

そこで今回は、
神社などで執り行われるであろう神前式とは違い、
ホテルや式場などでのウェディング形式で執り行われる結婚式の形で新郎の衣装について考えていこうかと思います。

一言、結婚式の礼服といいましても色々ありますよね?
燕尾服であったりですとかタキシードなのか、フロックコートなのか。
簡単にご紹介しただけでもこんなに選択肢が出てきます。

その中にも結婚式場などで借りられるレンタルなのか、
ショップなんかで既成のスーツを購入するのか、それとも新郎が、
自分の好みに合わせて一から作成するオーダータキシードなのか、いろいろ悩みが尽きないかと思います。
それぞれ一長一短ございますよね?

もし、これから結婚式を控えていらっしゃいます新郎でレンタルや既製品の購入を考えていたのだけれども、
サイズやデザインなど全てがぴったりのものを探すのにてこずっている方、
又はもう一から作成するオーダータキシードをお考えの方に
オーダータキシードのメリットや注意事項などについてご紹介していこうかと思います。

メリットは何といっても新郎が元々持っているオーダータキシードのイメージを
そのまま形になって新郎の手元に届く事に尽きると思います。

これは、きっと上記の選択肢の中では、
他の選択肢には持ち合わせていない特に秀でた特徴の一つになりますね!

その為にも新郎は結婚式でどの様なタキシードをオーダーするのか事前に用意しておかなければ、
作成の当日につまずいてしまう要因になってしまいますので、
あらかじめ用意しておきましょう!

お店の方にサンプルだったりお任せのようにある程度
そんなしんろうの為にお店側にも一応救済処置のようなものが用意されておりますので大丈夫かと思いますが、
それがしんろうの結婚式に合っているのかとか理想にマッチしているのかと言うのが中々難しくなってきますので、
やはりあらかじめ新郎の方で伝え方なども用意しておいた方がいいですね!


もし、そんな新郎の為に伝え方や知識などを培いたいとお考えの方々には
こちらの結婚式に適した新郎の為のオーダータキシードのサイトなども参考にして
結婚式のオーダータキシードの作成に臨んでいただければとおもいます。